さぽろぐ

  グルメ・スイーツ  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2010年10月03日

真澄

ラーメンマニア垂涎の秘境ラーメン阿寒町布伏内『真澄』に行ってきました。
いやぁ〜遠かった・・・
自宅から350km何度この店構えをPCモニター越しに見た事でしょう(笑)
やっと自分のカメラに収める事が出来ました・・・
結構な僻地なのと営業時間の短かさ故、近場の方以外は非常に訪問が困難な店の代表格です。


↓↓↓まだ画像がありますので『続きを読む』をクリック!

釧路方面から向うと阿寒町の二股左手に進みます。
道道222号線を9km進むと布伏内の集落があります。



学校が右手に見えたらもうすぐです。



icon64 メニュー



しょうゆラーメン 500円




塩ラーメン(アンデス岩塩) 500円




【しょうゆラーメン】
昆布や節系で出汁を取った代表的な釧路ラーメンです。
三原製麺の麺も細めでスープに良く合っていると思います。
数年前までは二件隣の家が原木で椎茸栽培をやっていてソレを使った雄別ラーメンなるものを
提供したいましたが、件の椎茸が作り手の体調不良で辞めてしまいメニューから外したとの事。
一度、市販の椎茸で試してみたが、やはり採りたての椎茸に敵うハズもなく
今にしてみれば幻のメニューになった一品・・・
もう少し早くココを知っていれば必食だったであろうと思われます。

【塩ラーメン】
モンゴル天日塩・アンデス岩塩・伯方・瀬戸4種類の中からチョイス。
一番ネットで評判が良かった岩塩を食べてみました。
昔風釧路ラーメンで、敢えて言うならば『何も足さない何も引かない』なんて言葉が合いそうです。
岩塩の角ばった主張もなく、所謂いい塩梅に仕上がってます。
苦労して訪問したのも有りますが、澄み切ったスープが体に沁みて旨い一杯でした。


開店14年になるこの店は愛想の良い女性店主が切盛りされていて
元々釧路市出身で自宅も市内にあったのですが、阿寒湖畔の温泉宿に勤務されていた
時に現在営業されているコノ土地を購入されたようです。

当初はご主人と焼き鳥居酒屋を開店させたかったようですが、場所柄年寄りが殆どで
そういう店では客足も望めないだろうとラーメン店にしたとのこと。
14年前の8月開店予定日が近づくも、当のご主人が何時になっても準備をせず
当時まだ旅館勤務をしていた現店主が痺れを切らしご主人に『何をしてるの??』
お怒りの電話をしたところ近所の農家でホウレン草の収穫のアルバイトをしていた・・・
なんてエピソードが有ったようです(笑)

その後、自宅も釧路市内から引越し布伏内に居を構えラーメンも独学で学び出来るだけ
年配者にも食べやすい味にしようと努力されているようです。
ラーメンが冷え辛いように丼も湯に潜らせるなど女性ながらの気遣いがリピーター
増やしている要因のひとつじゃないでしょうか?

ここ数年ネットの口コミで遠方からわざわざ来て貰えるのが凄く有り難いと仰っていました。
ご本人はネットなぞ俗な事はせず口コミに何が書込みされているのも知る術も無く
『どんな評判なの?』と聞きたそうな感じの店主に、概ね評判良いですし
美味しかったので私も是非宣伝させて下さい・・・と伝え会計を済ませました。

味だけではなく店主の人柄もそうさせているんじゃないかと思い店を後にしました・・・






本日のエンゲル係数★★★★★



店舗データ



住所:釧路市阿寒町布伏内 map.

電話:0154-69-2002

営業時間:11:00〜14:00(昼)18:00〜20:00(夜)

定休日:水曜日・第1第3木曜日

駐車場:店舗前路駐



オマケ:どれだけ秘境だったかという証。

食事を終え約2kmほど進むと農家の畑に国の特別天然記念物が6羽ほどいました。
地元民の車は丹頂鶴なんて珍しくも無く振り向きもせずスルーしていましたがね・・・






あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(道東)の記事画像
ラーメンじゃんじゃん
麺くれや【移転】
帯広 三楽
同じカテゴリー(道東)の記事
 ラーメンじゃんじゃん (2011-10-20 00:00)
 麺くれや【移転】 (2010-10-05 00:00)
 帯広 三楽 (2010-06-05 15:52)

Posted by こども課長 at 00:00│Comments(0)道東
※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。